お守りは返納しないとどうなる?返納する場合の時期と場所、郵送について

 

新年を迎えることによって、大きな節目を感じながら、お守りを授かる人も多いですよね。

ある人は初詣の参拝を済ませたあと、1年の安全や健康の祈願でお守りを授かります。

ある人は特別な祈願のために、開運のお守りを授かります。
そして中には、お守りの効力の期限について気になる人もいるようです。

それは、

  • 「必ずお守りは返納しないとダメなのか?」
  • 「ずっと、お守りを持ち続けるとどうなる?」

ということです。

 

今回このページでは、「お守りは返納しないとどうなる?」を中心にして、お守りの返納にまつわるお話をお伝えします。

どうぞ、ご覧ください。

 

SPONSORED LINK

お守りは返納しないとどうなる?

  • お守りは返納しないとどうなる?
  • ずっと、お守りを持ち続けるとどうなる?

一般的に心配されているのは、お守りの効力がなくなることです。

古い「お守り」を持ち続けると、運気が下がるという人もいます。

 

この「お守りの効力」については、結論から言うと公式な解釈があるわけではありません。

 

伊勢神宮のサイトでは、お守りを新しくするのは「習慣」であることを伝えています。

お神札とお守りのなぜ|教えてお伊勢さん|伊勢神宮
https://www.isejingu.or.jp/oisesan/amulet.html

1年の区切りにあたるお正月は、古くから身の回りの物などを全て新しくするならわしがあります。その中でもお神札やお守りは特に大切にされてきました。新しい年も幸せであるようにお祈りし、お正月には新たなお神札やお守りを通じて、神さまのおかげとご神徳をいただきましょう。
尚、古いお神札は感謝を込めて神社にお返し下さい。

 

身の回りの物を新しくするというのは、信心の姿勢には重要になります。

たとえば、商売繁盛の恵比寿様の「笹」は、年が変われば新しいものにしますよね。

ずっと同じものを持ち続けることはありません。昨年のものは返納するはずです。

 

深く掘り下げた場合は、陰陽師の御札や伝統的な風水、古来の仏教の考え方によって、大きく話は変わってくると思います。

 

大多数の考え方として、

「お守りは効力がなくなる」

「お守りは持ち続けると運気が下がる」

と考えるよりも、

「新しい気持ちを供える」

としたほうが自然でしょう。

 

返納しないという選択は?

有名な神社のお守りで、なかなか参拝に行くことができないなど、記念に持っておきたいという場合もありますよね。

恋人といっしょに記念に授かった「お守り」は、手放したくない時期が長くなるかもしれません。

お守りを返納しないと、「神様がお怒りになる」という話はないようですから、大切にしているのであれば、「返納しない」としても問題はないでしょう。

雑にお守りを捨てるよりは、「神様も良し」とされるのではないでしょうか。

 

SPONSORED LINK

お守りを返納する時期は?

今度は、お守りを返納する時期についてのお話です。

 

いつお守りを返納すれば良いのか?

というタイミングについては、「決まり」があるわけではわりません。

いつお守りを返納しても、「間違い」とされることはないです。

 

節目で考えると、次のようにすることができます。

安全や健康の祈願は、お守りを授かったときから一年後。

あるいは年の始まりということで「初詣」を区切りにする。

 

自分の誕生日に合わせて、お守りを新しくするという考え方もあります。

その場合は、守っていただいた感謝の気持ちを持って、それまでのお守りを返納すれば良いでしょう。

 

年の区切りは、元日にする場合と立春の前の「節分」にする場合があります。

開運の「お守り」の場合は、運気が変わるとされる「春の節分」を意識するのも良いのではないでしょうか。

 

神社の行事では、「夏越の大祓式」「お火焚祭」などを区切りにすることもできます。

商売繁盛では、「十日えびす」「二十日えびす」があるので、そこは大きなタイミングになりますよね。

 

また開運ということでは、願い事が成就したタイミングで「納める」という考え方も自然です。

合格祈願は、受験の結果が明確になったとき。安産祈願は、出産をしたあと。

 

病気の祈願のお守りは、「病気が治ったとき」というよりは、「手術や退院を区切りにする」ということでも、良いと思います。

厄除けのお守りは、厄除けの神社の行事に合わせて返納してください。

 

SPONSORED LINK

お守りを返納する場所

お守りを返納する場所、返納する方法については、神社では社務所、寺では寺務所でお尋ねください。

 

「こちらでお守りを納めることはできますか」あるいは「お焚きあげをしていただけますか」とお声がけをして、神社では「初穂料」、お寺では「お布施」を捧げましょう。

 

常設されている「古札お納め所」「古神札納所」「古神符納所」「古いお札・お守り納め所」などに返納する場合は、「初穂料」や「お布施」を捧げる箱も設置されています。

 

SPONSORED LINK

お守りの返納を郵送でする場合

お守りの返納を郵送でする場合は、受け付けてもらえるかどうかは神社またはお寺のホームページで確認してください。

返納を依頼する方法も、納める料金についても、指定があればしたがいましょう。

 

出雲大社の「よくあるご質問」では、「社務所宛に送ってください」と住所が書いてあります。

その他の決まりは特別にはないようですが、白い便箋に「お守りの返納であること」が伝わるように書くことをおすすめします。

 

SPONSORED LINK

まとめ

神社の公式ページを拝見すると、お守りの返納についてQ&Aページなどで確認できます。

「ご利益に期限はありません」

「一年を目処に新たにしていただくのが一般的です」

というように案内されています。

 

返納についての時期については、お守りを授かった目的で判断してください。

お守りを返納しない場合は、持っている間は雑に扱わずに大切にしましょう。

 

SPONSORED LINK

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ