重曹の歯磨きでヤニ汚れ対策!効果的なやり方と注意点をチェック

ネット上で話題になっている重曹の使い方には、歯磨き粉の代わりのようにして歯を磨く方法があります。
重曹の研磨効果によって、着色汚れを落として歯を白くすることができるというものです。

しかし、重曹を使った歯みがきはメリットばかりではなく、注意するべきポイントもあるようです。

 

今回は、

「重曹の歯磨きでヤニ汚れはキレイになる?」

という一般的な評価をはじめ、

  • 「やり方」
  • 「効果」
  • 「注意するべきポイント」

についてお伝えまします。

 

SPONSORED LINK

重曹の歯磨きでヤニ汚れはキレイになる?

重曹は自然界に存在している物質ということで、エコを愛する人たちを中心に、掃除や洗濯の洗剤の代わりにする方法が広まっています。

重曹には汚れをこすり落とすことができる作用があることで、研磨を必要とする掃除に多く活用されています。

 

スキンケアなどでも、重曹洗顔、重曹スクラブなどの使い方もあるので、重曹の用途はどんどん増えている様子です。

このような研磨作用があることから、「歯の黄ばみが落ちる」「歯が白くなる」と注目されるようになりました。

 

商品としては、
「薬用重曹ホワイトニング 医薬部外品 ジェル ステイン 」
「歯磨撫子 重曹つるつるハミガキ」
などのように、薬用歯磨き粉も重曹入りのものが増えています。

 

ヤニ汚れに効果があるかどうかについては、レビュー評価をチェックしたところ、良し悪しの声は大きく分かれているので、ジャッジがむずかしいところです。

「重曹歯磨き」そのものについては、Twitterのハッシュタグで追跡しても、絶賛している人は見当たりませんでした。

今のところ、「重曹歯磨き」は真価が問われている段階。そんな印象があります。

 

SPONSORED LINK

重曹歯磨きのやり方!ペースト状にするには・・・?

今では商品になっているので、重曹入りの歯磨き粉やジェルなどを「試しに使ってみよう!」という動きになっています。

商品が展開される前は、「重曹パウダーをペースト状にして歯ブラシに乗せる」というのがオーソドックスな方法のようでした。

 

ネットでリサーチしてみると、ハッカ油やグリセリンを使ってペースト状にする方法があるようです。

試しにやってみるパターンでは、いつも使っている歯磨き粉に重曹を混ぜて使う人もいました。

 

あくまでも、ネットに書き込まれている方法なので、おすすめできる方法ではありません。

何度もお伝えしますが、今は重曹入りの商品が販売されていますので、そちらで「お試し」するほうが良いと思います。

 

また、重曹を使うことに抵抗があるなら、市販の「ホワイトニング用の歯磨き粉」や、「ヤニ用の歯磨き粉」を使えば良いのではないでしょうか。

 

重曹で口をゆすぐ!

重曹には、口をゆすぐ使い方もあります。

マウスウォッシュのような使い方です。

口の中は酸性状態になっていると虫歯になりやすいとうことから、弱アルカリの重曹を使って中和するという考え方になります。

そのやり方は、200ccのぬるま湯に5gの重曹を溶かしたもので、マウスウォッシュのように1分ほど口をゆすぐだけです。

そのあと水でうがいをして、通常の歯磨きをしてください。

 

SPONSORED LINK

重曹の歯磨き効果!歯は白くならない?

重曹歯磨きの効果は、実は「漂白できるもの」ではありません。

歯医者さんによるホワイトニング効果とは、まったく別のものです。

歯医者さんで行われるホワイトニングでは、過酸化水素や過酸化尿素などの薬剤が使われます。

 

重曹は漂白する成分ではないので、研磨作用のあるものとして使うわけです。

ですから、重曹歯磨きの効果は、歯の表面についている「着色汚れ」を削り落とすところにあります。

真っ白にするというよりは、「歯の本来の色を取り戻す効果」ということになるでしょう。

 

SPONSORED LINK

重曹歯磨きの注意ポイント!歯茎のダメージなどデメリットを回避して!

使える重曹使えない重曹がありますので、まずは選び方に注意してください。

 

薬局で購入可能な重曹は、重曹歯磨きに使えます。

こちらは、医薬品などに使用できるものです。

食用の重曹も、重曹歯磨きに使えます。

スーパーなどで販売されている「ベーキングソーダ」です。

 

工業用の重曹は、重曹歯磨きに使えません。

いわゆる、掃除用です。

口の中に入れることを想定していないので、工業用の重曹は重曹歯磨きに使わないほうが良いでしょう。

 

重曹のみでは歯へのダメージが大きい!

重曹の粒子は通常の歯磨き粉のどの研磨成分よりも粒子が荒いので、重曹のみでは歯へのダメージが大きいと言われています。

セラミックや金属などの「人工の歯」には、重曹による研磨はしないほうが良いです。

どう考えても傷つけるだけですよね。

 

よく話題になる重曹歯磨きのデメリットは、

  • 「歯が削りすぎる」
  • 「歯茎にダメージを与える」
  • 「知覚過敏の症状が出る」

などです。

 

歯科医の先生たちは、ホワイトニング歯磨き粉選びでは、研磨剤が少ないものを選ぶようにすすめています。

歯科やクリニックなどのサイトなどをチェックしてみてください。

推奨されることが多いのは、粒子が細かい「ハイドロキシアパタイト」が含まれた「ホワイトニング歯磨き粉」です。

 

SPONSORED LINK

まとめ

わざわざ重曹パウダーを買ってきて、「重曹歯磨き」を試すのは、効果の評価の少なさから判断するとリスクが大きいです。
重曹の効果にこだわるなら、市販の重曹入りの歯磨き粉をおすすめします。

また、ホワイトニングをしたいなら、市販の「ホワイトニング用の歯磨き粉」のほうが良いでしょう。

ヤニ汚れには、ヤニ落とし専用の歯磨き粉を使うほうが無難です。
重曹パウダーを使った「重曹歯磨き」をする場合は、自己責任で行ってください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ