船酔い対策にはこの食べ物でもう酔わない!?意外な治し方に驚きの声が続出

 

みなさんは船酔いしないためにどのような対策をとっていますか?

せっかくみんなで釣りにきたのに、酔ってしまったり具合悪くなってしまったり。

またクルージングに誘われたのに船酔いのことが気になって断ってしまったり、楽しめなかったりなんてした経験ありませんか?

 

そんな、船酔いに困っている人のために良い方法や食べ物があるのです。

それを教えちゃいましょう。

船酔いで困っているあなたの手助けになれば。

みなさんの参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

船酔い対策はどうしたら良い?船酔いに効く食べ物や飲み物なんてあるの!?

みなさんは船酔いしたときどのように対策していますか?

あらかじめわかって入れば、船酔い予防のお薬とかで抑えたりすると思いますが、それでも効かない時もありますよね。

あとは、うっかりしていて酔い止めを買ってくるのを忘れちゃって、朝早くて薬局も空いてない。

なんてこともたまには経験していませんか?

 

すごーく焦ってしまうこともしばしばあると思います。

そんなとき、コンビニエンスストアーで売っているもので酔い止め効果がある食べ物や飲み物があるので、あらかじめ買ってから船に乗ると良いですよ。

いざという時にとても便利です。

24時間コンビニさまさまですね。

 

まず最初の食べ物は、梅干し。

酸っぱいものが自律神経を刺激してくれるので、酔った感覚を元に戻してくれる働きがあるのです。

酔う前でも酔った後でも効き目がありますよ。

 

他には、酸っぱいものだったら、レモン味のガムや飴とかも効果があります。

その場合、できるだけ酸っぱいものを選んでくださいね。

他には、ミント味のあめやガムも効果がありますよ。

自律神経を安定させてくれる効果があるので良いですよ。

 

次に効果のあるのは生姜

気持ち悪いときに胃の粘膜を落ち着かせてくれるのに働きかけてくれるとか。

生姜をすってお湯にといて飲むと気持ち悪さが緩和して良いですよ。

 

チョコレートのような甘いものも良いですよ。

血糖値をあげることによって脳が覚醒して酔いを起こしにくくするそうです。

 

あとは、炭酸水もオススメですよ。

炭酸に含まれているアルカリ成分が自律神経と胃の調子を整えてくれるとのことです。

 

予め船酔いにならないためにも前日までの予防策としては、睡眠時間をしっかり取りましょう。

寝不足にならないようにしてください。あまり消化の悪いものなど食べ過ぎないようにしましょう。

乗船の1時間前までに食事を終わらせておくのも良いですよ。何も取らないのも帰って船酔いを招くことにもなるので、適度な量をお腹の中に入れておきましょう。

船内にいるときは、なるべく下を向かないようにしたり、スマホや読書など文章を読むことをしないようにしましょう。

 

SPONSORED LINK

船酔いになってしまった時の治し方はどうしたら良い?

船酔いになってしまった時の治し方としては、口にすることができるのであれば、乗る前に買ってきたものをちょっとづつ食べて試して見ましょう。

個人差があるので実際にどれが良いか自分自身の体と相談してくださいね。

 

服装をきつく締め付けてないかチェックしてみてください。

苦しかった場合、緩めてあげると船酔いが緩和することもありますよ。

例えばベルトとか、厚着をしていたら一枚脱いでゆったりさせてあげるのも効果があります。

 

そして腹式呼吸をしてください。

ゆっくりと深呼吸をするのも効果がありますよ。

お部屋の換気をよくして頭を冷やしておくのも良いです。

 

船酔いに効くと言われているツボを押してみる。

手っ取り早いのは、手の内側にあるツボです。手の平の中心にある手心、小指側の手首のシワの部分のくぼんだところにある神門、手首のとこから3cmほど下に離れた真ん中にある内関と言われているそれぞれのツボを押してみるのはいかがでしょうか。

外のデッキに出て遠くにある動かない灯台などを眺めるのも良いですよ。気分転換にもなり、自律神経が落ち着いてきます。

 

SPONSORED LINK

そもそも船酔いってどうしておこるの?船酔いの原因はどんなものがあるの?

船酔いの主な原因は、耳の奥にある三半規管が乗り物の揺れでそこが刺激され自律神経の働きが悪くなっておこるのだそうです。ようするに体のバランスの調整がうまくいかなくてストレスになって船酔いがおきちゃうのです。

船の場合は、前後、左右、上下といろいろな方向からくるのでとても複雑な揺れなのです。その不安定なバランスの中でなんとか正常を保とうとする体の中の信号があって、この揺れと逆らう形になるのです。

なので体のバランス調整をしているのは、視覚と内耳で、これらが脳へ信号を送るときに混乱してしまうことがあるのです。

そうすると、体の自律神経が乱れて船酔いがおこってしまうのです。

 

SPONSORED LINK

まとめ

船酔い対策としては、前の日は食べ過ぎないようにして、消化の良いものを食べてくださいね。

そして早く寝るようにしましょう。十分な睡眠を取ることによって体も安定します。

締め付けるような服装をやめてゆったりしたものを着て万全を整えましょう。そして船酔いの薬もあれば飲んでおくことをお勧めします。

船酔いをしたらどうしようと考えすぎずに楽しいことを考えて船に乗りましょうね。きっと楽しい時間が過ごせますよ。

 

SPONSORED LINK

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ