設定1分で超便利!海外サイトの閲覧時の自動翻訳ツール

hyoshiki

海外の英語サイトを読むとき、どうしていますか?

最近では機械翻訳の精度もかなり向上してきていますので、google翻訳などで日本語にページごと自動翻訳させてから読むのも1つの手です。

でも、やっぱり、どこか不自然な訳になっていたり、場合によっては誤訳されていたり。。。

 

ですから、海外の英語サイトは、やはり、そのままの言語で読むのがおススメです。

最初は慣れないかもしれませんが、慣れてしまえば、機械翻訳されたものより読みやすいですし、記事を沢山読むことで英語力をどんどんアップさせることができます。

 

英語力の高い方なら、どんどん読み進めていけると思いますが、大体の場合は、知らない単語や表現などがいっぱい出てきますよね?

知らない単語をいちいち辞書を使って調べたり、単語を検索したりするのは時間もかかるし非常に面倒です。

 

今回は、そんな問題を解決してくれる便利ツールを紹介します。

紹介するのは、google chromeの拡張機能「TransOver」です。

 

SPONSORED LINK

 

ページ内の任意の部分を自動翻訳

 

Chromeに拡張機能「TransOver」を追加すれば、Webページ内の文章中の単語をクリック(又はドラッグで選択)するだけで、以下のようにその単語の意味を表示してくれます。

image1

 

また、Webページ内の文章中をドラッグで選択するだけで、以下のようにその文章を自動翻訳してくれます。

image2

 

SPONSORED LINK

 

拡張機能「TransOver」の設定

 設定は、とても簡単です。

Chromeを使っていることが前提になりますが、1分もかからないので、是非使ってみてださいね。

 

まず、Chromeのブラウザを立ち上げて、以下にアクセスします。

https://chrome.google.com/webstore/detail/transover/aggiiclaiamajehmlfpkjmlbadmkledi

そして、「Chromeに追加」をクリックしましょう。

 image3

 

すると、「TransOverを追加しますか?」と聞かれるので、「拡張機能を追加」を選択します。

image4

 

つづいて、以下のような設定画面が現れます。

Translate intoのあとのボックスをJapaneseにしましょう。これで、日本語に翻訳してくれます。

image5

 

設定は以上です。

 

Chromeでサイトを開いて、単語をクリックしたり文章を選択したりすれば、意味が表示されるようになります。

 

これを使えば、海外のニュースサイトを読むときなども、ストレスが軽減されてリーディングに集中でき、とっても便利ですよ。

 

是非試してみて下さい。

 

SPONSORED LINK

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ