笠りつ子ノーコック打法、スイングで手首を使わず飛距離を出す方法とは?

人気女子プロゴルファーの笠りつ子さん。

美人過ぎるプロゴルファーなんて言われることもあって、注目を集めていますが、その高精度のスイングにも注目です。

 

彼女の精度の高いショットの秘密はというと、

ノーコックでのスイングにあります。

 

そもそも、コッキングというのは、

バックスイングのときに手首を左親指側に折る動きのこと。

手首のしなりを加えることができるため、正しく使うことができればヘッドのスピードをアップさせることができます。

これにより、飛距離を伸ばすことができるんですね。

 

ただしコックを使うと、一つ間違えると方向性が悪くなる恐れがあります

特に、アドレスの時にコックからノーコックに戻す動作が素人には難しく、スライスしてしまったり、、ということがあります。

 

そこで、精度の高いショットを打つ方法として、ノーコックがあります。

 

SPONSORED LINK

 

笠りつ子のスイング

笠りつ子さんのグリップは、スクエアグリップ

左親指がシャフトの真上にくる感じです。

そして、いわゆる「ショートサム」です。

つまり、左親指と人さし指の付け根を密着させた形ですね。

 

このグリップだとコッキングはやりにくいはずで、

バックスイングの際に手首を使わず、トップまで上げる打ち方「ノーコック打法」になります。

 

ノーコック打法は、スイングがシンプルになるので、ジャストミート率を高めることができるのが利点です。

ただし、デメリットとして飛距離が出にくい、ということがあります。

 

でも、笠りつ子さんは特に飛距離の短いゴルファーではないです。

どのように飛距離を出しているのでしょうか?

 

SPONSORED LINK

 

ポイントは、ボディターンのスピードです。

笠さんは、アドレスで作った手元の角度をスイングの際に崩さないように体を回転させます。そして、手元の細かい動きにとらわれず筋肉を大きく使って、体を素早く回転させるのです。これにより、安定して力強く打つことができるんですね。

 

ノーコックだとしても、トップからダウンにかけてスピードが出せれば飛距離は落ちないということです、

 

ティーショットが安定しない方や、当たれば飛ぶけどブレも大きいという人は、手首の動きを抑えたノーコック打法を是非参考にしてみるのもいいでしょう。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ