ポンタカードの作り方と登録方法って?知っておくべきポイントを解説

216755

いろいろな提携サービスでつかえる共通ポイントのPontaポイント。

すでに上手く使って節約している人も多いかと思います。

今日は、まだポンタカードを使っていない人のために、ポンタカードの作り方や登録方法についてご紹介しましょう。

 

ポンタカードの使い道については、以下の記事も是非参考にしてみてくださいね。

   ポンタカードの魅力!! 知っておきたい使い道や貯め方を解説

 

SPONSORED LINK

 

ポンタカードの作り方

 まず、ポンタカードは、入会金・年会費無料で作ることができます。なので、まだ作っていない人は、とりあえず作っておくことがオススメですね。

 

ポンタカードの入手方法についてなのですが、ここでは2通りご紹介します。

 

1つは、提携店舗(ローソンなど)で申し込みの書類を記載する方法。店員さんに申し込みたい旨を伝えればOKです。

 

もう1つの方法は、インターネット(Ponta Web)から申し込む方法です。実際の手続きは、とっても簡単です。

まず、Ponta Webのページ右上にある「新規利用手続き」をクリックします。そして、①リクルートIDの登録 ②Ponta会員IDの登録の2つのステップで申し込みを行うことができます。実際には、メールアドレスをフォームに入力して、案内に従って行けばOKです。

Webからポンタカードを申し込んだ場合は、郵送でカードが届きます。目安としては、10日~2週間程度で届きますよ

 

SPONSORED LINK

 

ポンタカードの会員登録をしよう!!

 ポンタカードは入手できましたね。

あなたはローソンの店舗でカードを申し込んだでしょうか?

まだ安心してはいけませんよ。

あなたはまだ公式サイトにログインできない状態かもしれません。

ポンタカードを入手したら、サービスを受けるために登録が必要なのです。

 

現在ポンタの公式サイトは、

  • 従来からの「Ponta.jp」
  • リクルートとの提携の新サービス「Ponta Web」

の2種類があります。

 

「Ponta.jp」の利用登録を行うことで、ローソン、ゲオ、ケンタッキーなどのいろんなお店でポンタポイントを貯めたり使ったりできるようになります。また、Web上のポイント通帳でポイントを確認することができるようになります。

 

また、「Ponta Web」に登録することで、これまでのPonta提携店舗やオンラインサービスに加えて、リクルートのポイントサービス(「じゃらん」「ホットペッパー」など)でもPontaポイントを貯めたり使ったりできるようになります。

登録は簡単で、手間もかかりませんので、早めに登録しておきたいところです。

 

これら「Ponta.jp」「Ponta Web」は、別々のサイトですが、現在は「Ponta Web利用手続き」の際に、Ponta会員IDを登録すれば「Ponta.jp利用登録」は、不要です。(従来からの利用者で「Ponta Web利用手続き」を行っていない人は、登録しておいた方がよいでしょう。)

 

具体的な登録手順は、Ponta Web利用手続きガイドにアクセスして、案内に従って必要事項を記入していけばOKです。登録は、もちろん無料です。

 

登録できましたでしょうか?これでPontaの各種サービスを受けることができるようになりましたよ。

 

カードを入手したら是非早めに登録して、お得なポイント生活を送ってくださいね。

では、今日はこの辺で。

 

SPONSORED LINK

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ