筋肉若返りホルモン・マイオカインとは?食べ物など増やす方法は?

「マイオカイン」というホルモンをご存知ですか?

 

若返りのホルモンといえば、成長ホルモンがよく知られていますが、

最近の研究でアンチエイジングに働きがある「マイオカイン」も注目されています。

 

このマイオカインですが、いろんな働きが明らかになっていて、万能ホルモンなんて呼ばれることもあります。

 

今回は、

  • マイオカインの働きとは?
  • どうやったら分泌量を増やせるの?

など紹介していきます。

 

健康になりたい方、若返りたい方は、必見です。

 

SPONSORED LINK

 

マイオカインとその働き

マイオカインというのは、「筋肉から分泌される物質」の総称のこと。

逆に言うと、このホルモンは筋肉からしか分泌されないのです。

 

そして、その働きは、

・血糖値を下げる(糖尿病、高血糖の予防)

・動脈硬化の予防

・認知症、アルツハイマーの予防

・脂肪の分解(脂肪肝の予防)

・肝機能の改善

・血圧の安定化

などがあります。

また、肌の若返りや老化防止も期待されているのです。

まさに万能ホルモンですね!

 

特に脂肪の分解・燃焼の能力は高いと大きな注目が集まっています。

 

 

分泌量の増やし方

「筋肉から分泌される」ということでしたが、

もっと正確にいうと「動いている筋肉から分泌される」のです。

 

そして特に下半身の筋肉からの分泌量が多いです。

 

ということで、

「太もも、ふくらはぎ、腰などの筋肉を動かすこと」

が分泌量を増やすのが最善の方法です。

 

また筋肉の種類によっても分泌のされ方が異なります。

筋肉には、白筋と赤筋があるのですが、

  • 白筋は激しい運動をしたときにマイオカインを分泌する。
  • 赤筋は日常的な動作でマイオカインを分泌する。

つまり赤筋の量が多ければ、普段の生活の中でマイオカインの分泌量を増やしやすい、ということですね。

 

SPONSORED LINK

 

どんな運動をすればいいのか?

乱暴に言えば、「下半身を動かせばよい」ということになるのですが、オススメの運動をご紹介しましょう。

 

まず、運動の前には下半身、ふくらはぎや太もものストレッチを行うようにしましょう。

筋肉をほぐすことで運動の効果を高めることができます。

 

そして無酸素運動と有酸素運動を組み合わせるのがオススメです。

 

無酸素運動としては、軽いスクワットが良いです。

食後などに10回くらいが目安です。

無酸素運動を行うことで、新しい筋肉をつけることができますね。

 

その後、有酸素運動としてウォーキングを行ってホルモンの分泌を促しましょう。

時間は、1時間くらいが理想です。

 

ただし、運動の量などは、各人の体力などを考慮して無理のない範囲で行いましょうね。

1日激しい運動をするよりも、毎日軽い運動をした方がマイオカインは分泌されやすいですので。

 

SPONSORED LINK

 

有効な食べ物は?

赤筋を増やせばマイオカインを分泌しやすいということでしたが、赤筋を増やすために有効なのが分岐鎖アミノ酸(BCAA)です。

BCAAは、たんぱく質の多い食べ物で取ることができます。例えばチーズがオススメです。

サプリメントでBCAAを摂取する方法もありますね。

 

また、運動の後には、カリウムなどのミネラルを取ると筋肉の動きが良くなります。

オススメとしては、ピスタチオなどのナッツ類が挙げられます。

 

ただし、食べ物だけでマイオカインが増えるということでは無いです。

やはり、毎日の運動が基本で、その働きを助けるために上記のような食べ物を取るといいですよ。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ