ががばばのやり方と期間:検索の「続ける」でもできない理由

 

「ががばば」という言葉をご存知ですか?

 

恐らく、この記事を読んでくれる多く方は知っているのではないかと思っているのですが、

検索してはいけないワード

として、ちょっと話題になった言葉ですね。

 

 

ががばばの検索を続けると・・・

「ががばば」のやり方と、何が起こるのかを復習しておきましょう。

 

まず、検索するのはyahooでなければいけません。

Googleや他の検索サービスではだめです。

 

そして、検索窓に「ががばば」とひらがなで入力すると、

意味不明な音声や

あり得ない世界が見えるなど、

予期せぬことが報告されています。

本当に続けますか?

と表示されます。この時点で普通の検索結果とは明らかに違うのですが、「続ける」のボタンをクリックすると

検索窓に、勝手に「たすけてたすけて」と打ち込まれ、

女性のシルエットが画面をバンバン叩く画像が表示される、

というものです。

 

SPONSORED LINK

 

「ががばば」ができない?

以上の話を聞いて、

実際に検索してみた人も多いと思いますが、

現在では正しく検索しても「ががばば」はできません。

残念です。

 

「ががばば」ができた期間

実は、この「ががばば」の現象は、2015年秋に放送されたテレビ番組「世にも奇妙な物語25周年!秋の2週連続SP」のキャンペーンの一つでした。

 

つまり、番宣です。

Yahooとテレビ局が協力して宣伝を行っていたということですね。

 

ということで、番組の放送後である現在はキャンペーンが終了しているので、どんなに検索しても上記の現象は起きない、ということです。

 

ちなみに「世にも奇妙な物語25周年!秋の2週連続SP」が放送されたのは、

  • 2015年11月21日
  • 2015年11月28日

 

この「ががばば」という言葉、

番組の放送期間には、かなり検索されたようです。

 

しかも、番組が終了してから時間が経った現在でも、結構検索されているみたいです。

広告としては、かなり上手ですよね。話題性バツグンでした。

 

どうしても「ががばば」の現象を見たい方はyoutubeなどで検索して動画を見るしかないでしょうね。

 

ちなみに、

検索の隠しコマンド(?)のようなものは他にも結構あります。

「ななめ」とか「一回転」とか。

もしご存知でなかったら、googleで検索してみてください。

きっと面白いことが起こりますよ。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ