ぼく明日(映画)の評価・興行収入・感想「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

2016年12月17日に映画「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」が公開されましたね。

本作品は、ライトノベル作家・七月隆文の小説を実写化したもので、公開前から期待が大きかったものです。

 

そんな「ぼく明日」の映画の

  • 評価・感想
  • 興行収入

などについて紹介します。

 

なお、

若干のネタバレ要素を含みますのでご注意ください。

 

 

キャスト

本作品では、

  • 主人公の南山高寿役を福士蒼汰さん
  • 恋人の福寿愛美役を小松菜奈さん

が演じています。

 

福士蒼汰さんと言えば、こういう恋愛ものの映画にはぴったりの旬の役者さんですね。

小松菜奈さんも、原作のイメージ通りの雰囲気が出ている気がしました。

 

SPONSORED LINK

 

あらすじ

ある日、大学に通う南山高寿は、福寿愛美に一目惚れ。

話してみると二人とも20歳ということがわかる。

そして、二人は付き合うことになるのですが・・・。

 

愛美は、ときどき未来を知っているような言動をします。

そして、交際は順調に行っているはずなのに、何故か悲しそうな愛美。

 

物語の中盤では、愛美が高寿にある告白をします。

それは、

愛美は高寿のいる世界とは時間が逆に進む世界から来た

ということ。

 

二人は、5年に一度、30日間しか会うことができないということです。

現在二人とも20歳なので、次に会えるのは、高寿25歳、愛美15歳のとき。

 

時間が逆に進むということは、高寿にとって1日目は、愛美にとって30日目。

 

お互いの気持ちや、思い出も共有できず、すれ違いの切ない運命。

 

30日目に、高寿は、

「すれちがっていない」

「輪になってつながっている」

と語り、別れの時が訪れる。

 

 

「ぼく明日」の感想

時間的な要素を含むファンタジーな設定がキッチリ生かされていて楽しめました。

 

この作品に限らずタイムリープなど時間に関する設定って、深く考えると突っ込みどころが多いですが、余計なことは考えず、素直に受け入れることが楽しむ条件ですね。

 

映画中では、わりと序盤のうちから、時間に関する設定は分かるんですが、

それが分かってからの二人の心情がみどころですね。

だんだん切なくなってくるに違いありません。

 

また、映画の多くは二人きりのシーン。

二人の間の自然体な雰囲気や、距離感がうまく演じられていると感じました。

 

原作を読んでいる人も、読んでいない人も楽しめる内容。

また、設定を踏まえたうえで改めて2回見ると、演出がより楽しめるかもしれません。

 

舞台となった京都の宝ヶ池もいい雰囲気でしたので、久しぶりに京都に行きたくなります・・・。

 

SPONSORED LINK

 

興行収入は?

12月17、18日のオープニング興収について。

 

映画観客動員ランキングは4位

上位には、

「ローグ・ワン スター・ウォーズ」

「妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

と人気作品が並びました。

 

出来れば3位以内に入りたかったところでしょうから、ここは少し期待外れな感じもあるかもしれませんね。

 

結局、オープニングでは、

観客動員数15万人

興収2億円

という結果だったようで、まずまずの善戦ではないでしょうか。

 

現在は「バイオハザード ザ・ファイナル」が公開されたこともあり、動員ランキングは5位に順位を下げていますが、映画を見た人の評価はなかなか良いようで、高評価の感想が目立っています。

 

 

みんなの評価や感想、「感動」「泣いた」という声が多数

 

SPONSORED LINK

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ