厚労省ホームページのブラック企業リスト一覧2017!334社掲載場所

2017年5月10日に、
「厚労省(厚生労働省のホームページ)に、ブラック企業リスト一覧が公表された!!」
と大きな話題を呼んでいるようです。

 

全国の企業と、その違反内容が書いてあるということですが、
いったいどんな企業が名を連ねているのか??

気になるところです。

 

 

ブラック企業!? 334社

リストに挙げられた企業等は、全部で334社にも昇ります。
これらの企業等は、労働関係の法令に違反した等で送検されたそうです。

例えば、

  • 長時間労働
  • 賃金不払い

などですね。
リストに掲載される内容は、企業や事業場の名称や、事案の概要など。

 

SPONSORED LINK

 

大企業も掲載

有名な企業等としては、
「電通」「パナソニック」「日本郵便」などが挙げられています。

電通は、2016年末に、長時間労働を違法に強いた、として送検され大きな話題になっていましたよね。
パナソニックは、工場の従業員の過労死がありました。
日本郵便は、労働局に作業員の負傷事故を報告しなかったそうです。

 

Sponsored Link

 

掲載場所はどこ??

リストのURLはこちらです。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/151106.html

もちろん、厚労省のホームページは「ブラック企業リスト」という名称でリストを作成しているわけではないのですが。。。

 

少し見つけにくいかもしれませんが、
「労働基準関係法令違反に係る公表事案」というPDFのリンクが掲載されています。
気になる方は、是非チェックしてみて下さい。

 

リスト一覧は毎月更新

今回のリストは、2016年10月から2017年3月の間の送検内容をリスト化したものです。
今後、このリストは毎月更新されるということです。

しかも、送検が明らかになった日から、約一年もの間、掲載され続けるという話。
これは、企業にとってはイメージの低下に繋がりかねませんね。
晒されるわけですからね。

 

そもそも、このリストは、注意を喚起するが狙いもあったそう。

厚生労働省によると、

「昨年末から実施している、社会全体で過労死ゼロを目指す取り組みの一環。企業の順法意識を高め、長時間労働を削減する機運を高めていきたい」

とのこと。

 

それもあってか、
厚生労働省が、「掲載の必要がなくなった」「改善が見られた」と判断した場合は、1年経過する前でもリストから消してもらえる場合もあるそうです。

 

働きやすい会社が増えることを願いましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ