英語の発音:アクセントやイントネーションを無料で勉強する方法

ac3cf7c594c36de231b2ab704e152c25_s

正しい発音を身につけること、これって英語の勉強で最も大事なことの一つですよね。

 

正しい発音が身につけられれば、リスニングも向上しますし、将来、海外に行った時など自信を持って現地の人と会話できるようになります。

 

SPONSORED LINK

 

当然ですが、日本語的なカタカナ英語は、全然通じません。自分が頑張って話しても全然通じないと悲しいものです。

 

最初はなんとなく、恥ずかしいものですが、できるだけネイティヴの英語っぽく話せるように勉強していきましょう。

 

で、英語を綺麗に発音するには、アクセントやイントネーションが大事です

英語のリズムってやつですね。

 

最近の英語教材は、ほとんどのものが音声付ですので、それを使っていられる間は問題ないのですが、音声のないスクリプトでも、ネイティヴがどんなアクセントやイントネーションで発音するのかチェックするようにしましょう。

例えば、本やWebの文章を読む場合や、自分で英文を書いた場合などですね。

 

きちんと発音をチェックしていくことが、英会話上達につながります。

 

一番いい方法は、知り合いのネイティヴに実際に発音してもらう方法ですが、なかなか、そんな知り合いはいないものです。

 

でも大丈夫です。

 

最近では、インターネット上で無料で英文を読み上げてくれるサービスがあります。

なので、これを使って発音をチェックして勉強に利用しよう!という訳です。

 

SPONSORED LINK

 

Text to speechを使おう

 Text to speechで検索してみてください。

すると、任意の文章を読み上げてくれるサービスがヒットします。プログラムが合成した音声を出してくれるサービスですね。

 

一昔前は、合成音声って不自然で勉強に使えるものではありませんでしたが、最近では技術が発達したことで、かなり自然な音声になっています。なので、これをどんどん利用していきましょう。

 

日本語でも音声を読み上げてくれるソフトが幾つかありますよね。日本語ネイティブの私たちが聞くと、若干機械っぽさが残っているのが分かりますが、それでも、かなり自然な表現になってきています。

 

Text to speechのサイトはいくつかありますので、試してみて、良さそうなものを使っていけばよいと思いますが、折角なので1つ使ってみましょう。

 http://www.oddcast.com/home/demos/tts/tts_example.php

 acd

 使い方は、

まず、”Enter text”のところに、任意の文章を入力します。

そして、”Say it”をクリックするだけです。

非常に簡単ですね。これで文章を読み上げてくれます。

 

“Language”の欄で英語以外の多言語を選択することもできます。

また、“Voice”の欄では、話す人(男性の声か、女性の声かなど)を選択することができます。

 

“Voice”には、自然に発音してくれるVoiceと、若干機械っぽくなってしまっているVoiceがありますので、ちょっと注意が必要かもしれません。簡単な文章でテストしてから使っていくと良いと思います。

 

他にも、Text to speechのサイトはいくつかありますので、是非試してみてください。

 

SPONSORED LINK

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ